鈴鹿部品交換会  よくある質問と答え

質問 ブースの大きさはどれくらいですか?
  答え 車を入れていただき、その後にブースを広げてください
車の横幅X2メーターくらいがブースの大きさになります。
4ナンバーより大きい車両、又は出品物が多い場合は駐車場2台分を使い、車の横にブースを出してください。 出店料は6000円です。 ブースから車を移動させる必要はありません。

質問 ブースは屋内ですか?
  答え 屋外の屋根の無い駐車場になります。全面アスファルト張りです。地面が土ではないので汚れません。

質問 友人と共同出品できますか?
  答え 基本的にできません。出品会場には車一台につき1ブースとなります。
数人で来られる場合、車に同乗している人だけ先に出品会場に入れます。
別の車で来て出品の仲間と合流する場合は、一般のお客様と同じ時間に入ってください。

質問 普通のフリマのように衣類や日用品なども出品できますか?
  答え 全然問題なく出品できます。
前回の開催でも、子供服やおもちゃなど出品されてる方がみえましたが、好評でかなり売上があったようです。
衣類や日用品、趣味の品物など、結構売れると思います。

質問 トイレありますか?
  答え 水洗トイレあります。屋内のトイレで女性の方でも安心です。
     朝6時までは会場のトイレが使えません。ご注意ください。

質問 見に行くだけでもいいですか? 入場料いりますか?
  答え もちろんOKです。入場無料ですし無料駐車場もあります、
レアな品物や珍しい物、激安品もあり楽しめます。

質問 夜にやらないのですか?
  答え 朝6時時から正午までの午前中だけ開催です
夜に行なわれる部品交換会も楽しいのですが、お借りする会場の都合と、 小さなお子様や女性でも安心して参加できるよう日中のみの開催としております。

質問 出店料が高いように思いますが?
  答え 今回は当日申し込み3000円ですが、整地されたアスファルトで水洗トイレも使え、 ドームで行われるフリーマーケットより安くなっております。

質問 以前にツインサーキットで行われてた部品交換会と同じですか?
  答え 違います。鈴鹿フリマクラブで運営する部品交換会は 三重オートリサイクルセンターで行われる部品交換会のみになります。

質問 電話で問い合わせしたいのですが?
  答え 今のところ電話対応できません、
鈴鹿フリマクラブは営利目的の団体ではありません。クラブ員も運営をボランティアでしていて、普段は別で自分の仕事をしています。
申し訳ありありませんが、ファックス又はメールにてご連絡ください。
会場の鈴鹿オートリサイクルセンターさんも、会場をお借りしているだけで運営はしておりません。
従業員の皆様もボランティアで参加していただいています。
通常業務の迷惑になりますので、電話で直接お問い合わせはしないようお願いします。

質問 雨が降った場合はどうなりますか?
  答え 雨でも開催します。地面がアスファルトですから、ぬかるむ事もありませんので、多少の雨なら大丈夫です
テントなど持込されて出品してください。
台風など危険そうな場合は中止する事もあります。

質問 飲食店をやっいています。屋台のような飲食ブースで出店できますか?
  答え 別枠の飲食ブースにて営業できます、
ファックス頂けましたら、当方から電話して打ち合わせさせてただきます
同じ業種の場合、申し込みが早い順番を優先させてただきます。申し込みが後になった場合はお断りする事もあります。

質問 朝6時からのゲートオープンですが、見学者と出品者が同じ時間に入る事ができますか?  それとも出品者が先に入りその後、見学者が入るとかあるですか?
  答え 会場のゲートオープンは朝5時30分になります。お客様と出品者は同じ時間帯に入れません。
ゲートオープンしてからは、出品者、見学者は別の場所に車を止めてただきます。
ゲートオープンまでは駐車でできるようなスペースはありませんので、時間を調整して来てもらった方がよろしいかと思います。

ブース出店したいのですが、6時にはいらないとだめですか?
  答え 6時以降でも申込、出店できます。できれば7時ぐらいまでに入ってもらえば、よろしいかと思います。

出店の場合、朝早く並んでいた方が、良い場所にブースが出せますか?
  答え ブース位置はスタッフの誘導した場所になります。先着順に良い場所とは限りません。
基本的に奥のほうから詰めていきますので、時間調製して遅めに来たほうが、たぶん良い場所です。

トップページに戻る

その他、ご質問がある場合はメールにてご質問ください。
鈴鹿フリマクラブは営利目的の団体ではなく、クラブ員も普段は別の仕事をしてます。
申し訳ありありませんが、ファックス又はメールにてご連絡ください。
運営に対して至らない点が多いと思いますが、ご容赦ください。
ご質問 メール buhinn@mail.goo.ne.jp

トップページに戻る